フリッツ・カルシュ博士 Dr. Fritz Karsch

( 最大 2000 件 )
URI http://museum-database.shimane-u.ac.jp/specimen/metadata/4134
島根大学共通資料番号
個別資料番号
資料名
フリッツ・カルシュ博士 Dr. Fritz Karsch ( ふりっつかるしゅはかせ )
種別
写真 Photographs
数量
1
法量
採集(製作)地
島根県 松江市 奥谷町 ( しまねけん まつえし おくだにちょう )
採集(製作)年月日
1938(昭和13)頃
時代・年代
1938(昭和13)頃
採集(製作)者
概要

島根大学旧奥谷宿舎(旧制松江高等学校外国人宿舎)にて撮影。

フリッツ・カルシュ博士(1893~1971)
 大正14年~昭和14年、旧制松江高校で,プラーゲ博士の後任として,ドイツ語の教鞭をとり,多くの人材を育てた。
 その後、終戦まではドイツ大使館に勤める。
 もともと小泉八雲の影響で来松し、日本の宗教や哲学、文化にも高い関心をもっていた。
 ひとの認識の発展過程を考究する「人智(じんち)学」を提唱したシュタイナーを日本に紹介するなど、日本の哲学史のうえでも重要な人物である。
 教え子には,「長崎の鐘」著者として有名な永井隆博士(元長崎医科大学教授)など,多くの著名人がいる。
 博士が暮らした外国人教師宿舎は,城下町のなかに今も残されている。

管理部局
島根大学
保管場所
島根大学旧奥谷宿舎(サテライトミュージアム)
画像著作権者
関連リンク
画像