オキウマ 骨格標本

( 最大 2000 Items )
URI http://museum-database.shimane-u.ac.jp/specimen/metadata/410
Common Identification Number
SMU-SK-A0001
Identification Number
Title
オキウマ 骨格標本 ( おきうま こっかくひょうほん )
Category
動物 Animals
Number of parts or components
1
Measurements
体高126cm。台:180cm×50cm
Locality
島根県 隠岐 ( しまねけん おき )
Date
1888(明治21)年3月製作
Age
1888(明治21)
Collector or Creator
佐藤清明氏 解剖
Remarks

 隠岐島にいた日本固有の小型の馬である。気性はやや荒かったが、脚が細く身軽だったといわれている。しかし、1899(明治39)年と1936(昭和11)年、日本馬政局は品種改良のためにオス馬をすべて去勢し、昭和20年代には絶滅してしまった。
 この標本は、唯一のオキウマ実物標本である。松江にあった獣医学講習所の獣医・佐藤清明氏によって研究のために解剖されたもの。12才の牡馬。毛色はアオ(黒色)であったといわれている。
 標本は、後に島根師範学校に寄贈され、しばらく島根大学教育学部に保管されたのち、島根大学山陰地域資料展示室に移管、現在は島根大学総合博物館で常設展示されている。

Department
島根大学総合博物館
Location
島根大学総合博物館
Copyright
島根大学総合博物館
Link
Image